潮目に魚が集まる?釣果アップのポイント!

釣果アップのチャンス!

海釣りをしていると、海の表面の模様(さざ波)に気づくと思います。

それが潮目

波が比較的、穏やかなときに潮目の模様が出現しやすくなります。実は、その潮目に魚が集まっている可能性があります!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

潮目に魚が集まる習性

潮目とは、海の流れの変化が起きているところです。

潮目の写真
(筆者撮影)

  • 流れがぶつかるところ。
  • 水温差がのある流れが衝突している。
  • 塩分濃度が異なる。

これらの変化があると、植物プランクトンも集まるので、それを食べる魚が次々、食物連鎖によって集まってきます。

もし潮目までキャスト(遠投)できれば、釣果がアップするかも。

潮目は臨時のポイント|釣果アップの期待が膨らむ

風が吹くと、潮目のような模様ができます。しかし潮の流れはそれとは別。

例えば近くに河川があって、海に流れ込むようなところだと、塩分濃度の異なる流れが発生します。

しかも川の水と海の水とはで、温度差もあります。このようなところでは、冷たい水温と温かいところを好む生物が多くいるので、そこに魚も集まります。

つまり海の変化があるところに、魚が多く集まるのでそこがポイントになります。

「今日は潮回りが良い」と地元の人がいうと、普段は海の遠くを潮目ができていますが、海流の流れが変化していて岸の近くに潮目ができていることがあります。

つまり魚が海岸の近くを泳いでいるので、狙う絶好のチャンス!

アジなどの回遊魚を釣っているなら、コマセで近くまで寄せます。それによって小魚が集まり始めます。

大型の魚、例えばシーバスや季節によってはイカなども集まるので、ルアーやエギで探ってみると釣果につながる確率がアップ。

ただし、岸から離れていると遠投できないと、チャンスが下がるので遠投できる竿とリールの準備は欠かせません。

ここまで潮目を持ち上げていますが、必ず魚が多く集まるわけでも爆釣できるというわけでもありません。

海の変化のあるところでは、あくまでの確率アップの期待値が上がるという意味です。

引き潮でもチャンス

引き潮(下げ潮)など、状況が悪いときに、少しでもチャンスをアップさせたいときに、潮目など海流の変化を見つける目印としています。

この写真の右手前は港になっています。

潮目の写真

左の奥の潮と港からの潮がぶっつかって潮目ができています。

ぜんぜん釣れていなかったのですが、潮目とその周辺をジグヘッドで投げてみたら、アタリました♪

シーバス

あまり大きくはありませんが、複数のシーバスが追いかけてきました。

潮目との関係は分かりませんが、このときは、小魚が集まってきていてシーバスが追いかけているのが、あちこちで確認することができました。

一つの目安として、覚えておいても損はしないと思います。

下記にて釣果アップのヒントが見つかるかも。

TOP>>初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする