出る杭は打たれるのは当たり前!新入社員研修で重要なのは・・・

出る杭は打たれる

「出る杭は打たれるって言われるけど、今の時代は積極的に発言した方が良いよね?」

「はあ?、あんたバカなの? 新入社員は、これだから困るわ」。

新入社員は、まだ空気感が分かっていないようです。

先輩や上司の意見に対して、「自分の意見を言う」というのは、もちろん悪くはありません。間違っていません。自分の考えを述べるのは大切です。

しかし、出る杭は打たれます。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

出る杭はバランス感覚が欠けている

社会人1年生。大学の出身や偏差値は、全く使い物にならなくなる瞬間です。

社会にでれば実績ゼロ。

一方、先輩や上司は数々の経験を積んでいる。その差は歴然。それが自信に。

現状は、目に見えないですが大きな差があります。

そこでもし新入社員が、

  • 「すみません。それ、間違っています!」。
  • 「おっしゃることは分かりますが、こちらの方が良いと思います」。

などと、出しゃばる人は、先輩から目の敵にされます。入社早々、リストラ候補、1番のりにになるかもしれません。

自分が正しいことだと思っていて、実際に正義だとしても、それを言葉にしたり態度に出してしまった時点で、あなたは危険人物に認定される恐れも。

上司が考える新入社員の理想像

先輩は、数々の失敗や苦しい仕事を乗り越えて今があります。

泣きたいことや、実際に隠れて泣いていたこともあるかもしれません。お客様に怒鳴られ、バカ呼ばわりされても、ぐっとこらえて乗り越えてきています。

そんな俺に「お前は、何を意見してるんだ!」と、例え口に出さなくても、そう考えていてもおかしくはありません。

実際、私は新入社員のとき、自分の方が正しいと思いましたが、グッとこらえました。後に自分がベテランとなっても、さらにベテランの人に意見を言ったら・・・

「言うだけで気に入らない」と大反発されてしまいました。

つまり意見を言うだけで、気に入らないというのです。これでは議論の入り口にも入れません。それを正義感をかざそうものなら・・・終わり。

最終的に説得は諦め、私は自分が正しいと思った方法でやり抜き、結果を出していったので、その先輩も私の真似をするようになりましたが、謝罪なんてありません。

その先輩にもプライドがあるので、謝罪できないことくらい分かります。相撲協会の貴乃花親方の事例でも、組織論から見ると勝ち目がありませんでした。

出る杭は打たれる事例は、探せば山のように見つかるハズ。それが分かっているなら、出ないことです。

ただしアップルの創業者、スティーブジョブス氏のような能力や覚悟があれば止めはしません。

スポンサーリンク

新入社員が考える理想像

出る杭はダメだと分かっていても、どうしても一言余分にしゃべる人はいるものです。性格的なこともあるでしょうが、頭の中にある理想像が高すぎるからトラブルメーカーになります。

「先輩、自分は○○が良いと思います!」

「お-、それ良いじゃないか。よし、それ採用しよう!」

な~んて事を期待しているわけです。しかし、現実は、そんなことにはならない。

「お前な、もうちょっと経験をつんでからものを言えよ。

そもそもお前は、○○がダメだ、○○は、ここがダメだ・・・・」と、いつのまにか、お説教になっていることも。

理想は言いたいことが言え、お互いに意見を出して、よりよいアイデアにしていく。

ところが、世の中、そうはなっていません。

例えば、これまでの会議などを見てください。前向きな内容がどれだけありましたか?

あなたの周りの上司や先輩って、普通の一般人ですよ。それを理解していれば、理想的なことを他人に期待できます?

私はとても出来ません。

もちろん希に、立派な上司もいると思いますが、そういう人って、いつのまにか左遷されてませんか?

冷や飯、食べさせられてませんか?

もし、いまは大丈夫だとしても、いずれ出る杭は打たれます。

関連記事:入社早々に会社で叱られたときの対処法と心の持ち方とは?

バランス感覚の素晴らしい上司

少し、否定的な流れになりましたが、もちろん素晴らしいバランス感覚を備えた上司はいます。

新入社員の頃は、ぐっとこらえて上司のいうことを、忠実に聞いて実行する。

自分のスキルが向上するまで、ひたすら自分を磨き続ける。汚いことをしなくちゃいけないこともあります。

例えば今まで数十年、取引をしてきた取引先や下請けを切れと命令され、泣く泣く取引を停止して、その会社が倒産することもあるでしょう。

そうやって命令に従いつつ、上司の信頼を得て自分の役職を上げ権限を強くしていく。そうやって、いずれ上司を超えて自分の理想とする会社にしていく。

これがバランス感覚のある上司であり、理想とする新入社員のはじまり。

ここでいうバランスとは、時系列で物事を判断できる人のことです。チャンスをつかむまでは現状は理解を示し肯定しつつ、腐らず実力をひたすらつける。

そしてチャンスが巡ってきたら、それをつかんで離さない。素早い行動がカギになります。

歴史上の人物は、そうやって歴史の教科書に残る人物になっています。

戦国時代、織田信長公に、「700人を見殺しにせよ」と部下 豊臣秀吉に命じて、それを実行した。無理難題に次々と答えて、実力をつけてチャンスを者にして天下人にまで上りつめました。

もし、理想を実現したいなら、力をつけることを最優先に。

もう1つの選択肢 起業

しかし、これまで述べてきたことは、数十年という時間がかかります。

「そんなに待てない」。

それどころか、そんなことをしていると、会社が無くなっているかもしれません。そういう可能性もあるので、自分にあった会社や上司を探して転職する方法もあります。

あるいは起業して、理想を実現する方法もあります。

幸い日本は自由主義社会、やる気と実力さえあれば、上に登りつめることも十分に可能です。

ある国の子ども達は、裸足で今日、食べるものもない、電気もない生活をしている方と比べると、とても恵まれていますので、本気でやる気があれば、チャンスを掴める可能性はあります。

いまの会社で腐るよりは、別天地に行くのが早いかもしれません。人手不足で食べていくだけなら、就職先は山ほどあります(2018年4月現在)

スポンサーリンク

まとめ

『出る杭は打たれる』

理不尽だろうと、それが世の中。しかも今までの自分の行動やこれから先の行動を、俯瞰(ふかん)して観察していると、きっとあなたも出る杭を打とうとしている自分に気づくはず。

「こいつ、生意気だな。まだ何もできないくせに」と。

結論。

  1. 新入社員は、わざわざ杭を出さずに、地下で養分を蓄えて反論できる立場や実力を身につけるまで、じっとしている。
  2. 我慢できないなら転職して自分にあった環境を探す。
  3. 起業する。

いずれを選択するにしても、相当な覚悟が必要です。先輩の中で、志がある人は自分を隠して行動しているはずです。

あ、重要なことを忘れるところでした。

ほとんど何も考えずに行動する人もいるので、十分にご注意ください。

【関連記事】

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする