洗濯しすぎるとタオルや服が硬くペッチャンコになる件・・・

「え~また洗濯するの?」

自動洗濯機

家族が毎日、パジャマを洗濯するのだけど、かなりふかふかのタイプで、洗濯機に入れるとかさばって、すぐに一杯になるし。

そのくせ「すぐに服がごわごわしちゃう。安物はダメだな~」という始末。
そこで対策というか、対応を検討しました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

洗濯しすぎると繊維が減るのでダメ

洗濯すること自体は、良いことだとは思います。でもあんまりやり過ぎると、服が硬くなるし生地も薄くなるので破れやすい。

それに洗う度にふわふわの繊維が少しずつ抜けていくので、快適な期間が極端に短くなります。

問題はそれだけじゃありません。それが分かるのが排水用のフィルタ。

洗濯機の排水用のフィルターが詰まる

我が家の洗濯機は、乾燥付の洗濯機、いわゆるドラム式のタイプ。かなり奮発しつつ、お値うちな型落ちを買ったのですが、あ、それは別の話で。

その洗濯機を使っていて気づいたのは、フィルターにかなり抜けた繊維が引っかかっているんですよ。

この掃除がまためんどくさい。4日おきぐらいでしなくちゃいけない。

排水のフィルターも乾燥するときのフィルターも、両方ともかなり綿状のほこりがたまります。ふわふわした服やタオル、パジャマを洗うと良く分かります。

それだけ1回、洗濯する毎に繊維が減っているってことです。これが原因か。

洗濯すると繊維が抜けて硬くペチャンコになる

そりゃそうですよね。ふわふわした繊維があるから、手触りも良くて快適です。それを洗濯すると、抜けていくのですから。

これは超高級な今治タオルでも同じ。最初は気持ち良いのですが、洗うほど硬くなります。

もし毎日、洗濯すると私の感覚では2~3ヶ月で、タオルも手触りも悪く顔を拭いても気持とは良くないです。さすがにタオルは毎日洗わないと気持が悪いですからね。

ということで、消耗品なので定期的に新しいものと交換しなくちゃダメみたい。

もし高いものなら、なるべく洗濯の回数を減らすのを心がけた方が良いでしょう。もちろんお金が有り余っているうらやましい方は、経済発展のためにどんどん買い換えてください!

出費が増えるけど・・・

ドラム式だと故障が増えるかも

洗濯回数が多いということは、ドラム式で乾燥も一緒にやるとフィルターが詰まりやすいだけではなく、本体の故障にもつながります。

いま考えると、みんながわふふわの服をたくさん着ているのと、タオルをたくさん使うので、ホコリが本体内に溜まってきて、それが故障の遠因になったのだと思います。

解決先を思いついたので同じ故障では、まず壊れないでしょうけど。それにしても原因は少しでも減らしたい。

それに・・・

洗濯回数は減らす方が服の寿命も長い

いくらキレイ好きでも、室内だけで着る上着とか毎日洗うのは辞めた方が良いですよ。

洗うほど服やタオルの生地が傷むので、寿命もどんどん短くなる。ゴミやホコリもでるので良いことがない。

清潔なのは良いのですが、これが4人とか5人家族となると1日2回も洗濯しなくちゃいけなくなる。仕事やりながらだと、それだけで大変。

まあ我が家では乾燥まで、洗濯機がやってくれるので助かっているのですが、寒い冬とかに早起きして洗濯物を干したりするのは大変。

柔軟剤は1週間に1回

ハミング 柔軟剤

「柔軟剤を入れたら、ふわふわが復活するのでは?」

う~ん。ダメなんですよ。そりゃ繊維はやわらかくなるので、手触りが復活しますが減った繊維は元に戻らないので、新品のときと比べると明らかにダメ。

それに毎日、柔軟剤を入れるより1週間に1回くらい使う方が良いと言われます。もちろん販売している企業は、どんどん使って欲しいでしょうけど。

我が家は間をとって、3日に1回くらい柔軟剤を使用しています。使った日と使わない日で、タオルのふわふわ感はさほど変わらないので、効果は少なくとも落ちてはいないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

服やタオルのふわふわ感を少しでも長持ちさせたければ、洗濯は必要最小限にしましょう。

柔軟剤は、毎日使わず週に1~2回でも十分に効果があります。

タオルのふわふわ感を大事にされるなら、数ヶ月おきに新品と入れ替えて古いタオルは、雑巾などにしましょう。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

フォローする