魚が釣れない時は『あの釣れるポイント』を攻めてみませんか?

人が多い釣り場

「ここも人で一杯か・・・」

何とか隙間に入り込んで釣り初めても、アタリすらない。ちょっと投げ疲れて、周りを偵察してみたら・・・

誰も魚が釣れていない。そういう時って、フグもヒトデすらかからない。

このままでは、釣果ゼロなんてことでその日は終わるかも。

運良く回遊してくれば釣れるかもしれませんが、もしこなければ・・・

例えばサビキ釣り、エサで魚を集めるのでルアーより釣れやすいですが、それにしてもアジやイワシ、サバが近くを回遊しなければ釣れません。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

魚が釣れない時に攻めるポイント

実績のあるポイントについてまとめました。

  • 河口の干潟のあるところ。
  • 港の岸壁の際
  • 砂浜の根(岩礁)のあるところ。

河口の干潟があるようなところには、チヌがカニや貝、小魚などを補食するために集まります。またチヌが群れでいることも多いので、数釣りが楽しめるかも。

梅雨からは、河口のトップ(海面ギリギリ)で、ホッパーで釣れるほど活性が上がるので面白い。

真水と海水が混ざり合う汽水域は、カニを初めとして小魚などが多様に生活しているので、それを捕食する大型の魚も集まるので狙い目。

岸際を狙う釣り

堤防の足元

初心者の方は、港でちょい投げされたり足元でサビキ釣りをされています。

でも実は、大物が釣れる可能性があるポイントの1つ。

ヘチ釣り、落とし込み釣りなどと呼ばれている釣り方です。

港の岸際には、貝やカニが上から落ちてくるのを待ち構えているチヌが釣れます。しかも40cmクラスがいるので、タモが必要になります

また小魚なども集まるので、それを狙ってシーバス(スズキ)も釣れます。サビキ釣りをしていると、シーバスが目の前で集まったアジを捕食したので、泳がせ釣りがオススメ。夜はイカも釣れることも。

砂浜は、キスが釣れるところならマゴチがいる可能性があるので、底を中心にルアーで攻めてみるべき。

「ルアーはやってないから無理だね・・・」

いえいえ。ちょい投げでキス釣りされているなら、釣れた元気の良いキスを泳がせて釣る方法があるので、それなら十分に狙えるし釣れます。

参考 泳がせ釣りのエサはこれ!マゴチを例に紹介します!

さらに砂浜でも、チヌ、アジ、イカが釣れることがあるので狙ってみて欲しいですね。

「え~砂浜でチヌ!?」

ええ。先日もキスを釣っていたら、キビレ(チヌ、クロダイの仲間でヒレが黄色っぽい魚で、見た目はほぼ同じ)が釣れましたよ。

さらに根があるところなら、キジハタやカサゴなどがいる可能性があるので、朝マズメ、夕まずめに丁寧にテキサスリグで狙ってみると面白いことに。

参考 テキサスリグの作り方まとめ!チヌも根魚もマゴチも釣れる万能な仕掛け!

このテキサスリグ、マゴチが釣れることもあるし、2インチの少し小さめを使ってチヌも釣れるので、あるいみ万能な仕掛けです。

バスで多用されていましたが、最近は海でも使われるので道具箱に入れておくと、攻め方が増えて釣果アップにつながります。

スポンサーリンク

魚が釣れないのに砂浜でイカが釣れる

砂浜でイカが釣れるポイント

「イカが砂浜で?ありえないよ」。

イカは岩礁、岩場、海藻が生えている近くにいることが多く、ベテランはそういったところを攻めます。

海の中で少し暗くなっているところが根です。

釣り 根

そのため釣れる時間帯は、初心者が入り込める場所がなく撤退することもしばしば。

でも砂浜でも海藻や岩などがある根の周辺に、イカが回遊していることもあるので、狙ってみるのも面白い。ちょっと根掛かりしやすいですが。

YouTube『竜示のライトルアーフィッシングちゃんねる』さんが、こんな動画を公開されています。

誰もいない静まり返った砂浜で目の前にルアーをキャストしたら高級魚が釣れた!

夏ならキスやマゴチも狙えるので、イカがダメなら狙う魚を変えられるので、手軽に釣れます。

「竿を2種類、用意しないとダメじゃないの?」。

いえいえ。そんなことはありません。真夏のキスはちょい投げで釣れるので、エギ用の竿でも十分。マゴチもそのキスを補食するため、かなり浅場でいることがあるので、同様に釣れます。

それにエギ用の竿にマゴチが釣れると、強烈な駆け引きが楽しめるので面白いですよ。

アジも釣れる砂浜

回遊次第ですが、砂浜でもアジが釣れます。

あじの釣れるポイント

アジはプランクトンが多く集まる場所にいます。夜になると常夜灯にいるのは、その光でプランクトンが増殖しているので、それを捕食するために寄ってきます。食べるのに効率が良いからです。

一方、砂浜でも小さな小魚もいれば、プランクトンが集まる場所もあるのでアジが集まるポイントの1つ。

私が砂浜で感じたのは、1サイズ大きなアジが釣れるという印象です。ですから数釣りはできないので、型狙いになります。

アジング、投げサビキで狙っていると面白い。

ちなみに、このアジを狙ってイカもいるのでアジが釣れたら狙い目。

まとめ

魚が釣れないときは、ちょっと視点を変えて今までとは違う場所を攻めると、新しいポイントを発見できます。

人がたくさんいる、堤防、砂浜は魚よりも人が多くて釣れないと言われますが、それを実感します。

どうしても人が堤防や砂浜に等間隔で並ぶと、攻めるポイント、投げられる範囲が限られてしまうので、その場所に回遊してこなければ1日投げても釣果ゼロなんてことはザラ。

もちろん魚を待って投げ続けるのも楽しいのですが、思い切って人が少ない、あるいはいない場所を攻めてみると、思わぬ釣果が得られることも。

もし釣れたら、できるだけこっそり釣るのが良いです。

参考 公開された釣りポイントは釣れなくなる?その原因を考えてみた

いまどきツイッター、ネットで公開したら、数週間で釣り人が大挙して押し寄せ、もし駐車場が少ないところだと住民トラブル、警察が動き出すことに。

自分だけの穴場を見つけて、爆釣してください。

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする