後ろも撮影できるドライブレコーダー【2017】おすすめ機種はこれで決まり!

ドライブレコダーが証人

「後ろが撮影できないドライブレコーダーなんて、意味あるの!?」

そう思ったのは『あおり運転』を受けてからです。

後ろで危険な運転をされても、前方向しか録画されていないと証明できません。やっぱり後ろも撮影できないのは、不完全ですよね。

ドライブレコーダーは、売れ筋や人気ランキングで購入すると失敗します。

そこで後ろも撮影できるドライブレコーダーを検討したら、良い物を見つけました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

イチオシなドライブレコーダー

大事なのは信頼性

これで決まり!

もしもの時に、しっかりと動作してくれる商品が重要です。もちろん、100%の信頼性の商品はありませんが、できるだけ故障が少ないものを選ぶのが大事。

それらを考慮して、選定すると機種が絞られてきます。

コムテック  ZDR-015

これで決まり!

私がこの機種を知ったのは、所さんの目がテンでドライブレコーダーがテレビCMされていて、気になって会社の公式ホームページを調べたから。

コムテック ドライブレコーダー ZDR-015

調べてみると、私が欲しい機能をすべて搭載していました。

  • 前後2カメラ ← 必須!
  • 前後200万画素 Full HD ← 必須!
  • LED信号に対応。 ← これは必須!
  • 地デジノイズ対策 ← 私は必須! これがないと地デジがノイズで残念なことに。
  • GPS搭載 ← あった方が良い。
  • Gセンサー ← あった方が良い。
  • 駐車監視(オプション) ← 必須 オプションだけど、ぜひ付けましょう!
  • 衝撃録画 ← メモリの節約ができる!
  • 安全運転支援機能搭載 ← 正直、無くても困らない。
  • 1年保証 ← まあ普通ですが、テレビCMする程の会社なので信頼性は高い。
  • 前方向のカメラは、HDR/WDRという機能で、画像補正で白飛びしないで更に見やすくなります。

現時点で欲しい機能が、すべて盛り込まれている感じ。

駐車場でも録画したい方は、こちらのオプションも必要です。 

現在はまだ、ドライブレコーダーは駐車時に録画できるのは、オプションです。

駐車場でドアをぶっつけられたときに証拠になる機能なので、私は付けます!

欠点としては、カメラを前と後ろに1個ずつ取り付ける感じなので、お値段は高くなってしまいます。これは仕方ないですね。

動画の品質

実際の映像を見てもらう方が早いですね。

前方(フロント)のカメラ映像。条件の悪い夜の撮影です。

※注 映像を見られるときは、最高画質で確認してください。

後方の映像はこちら。注目したいのは、プライバシーガラス(見た目に暗いガラス)を装着しても、これくらいの映像が撮影できるところ。

かなりキレイに撮影できていませんか?

日中だともちろん、さらにきれいにきれいな映像が撮影できます。

本体はこちら。

通販・最新価格 コムテック ZDR−015を楽天市場で検索する。

その他の機種

後方を撮影できるドライブレコーダーは、他のメーカーでも販売されていますが、今回は選びませんでした。

その理由は・・・

ドライブレコーダーの大手のメーカーでは、ユピテルがあります。

  • ユピテル DRY-S100c 前後録画対応 

この商品の評価が、あまり良くありません。まず画素数が100万画素。現在の主流は200万画素ですので、一世代前のモデルという印象。

画質もやはりイマイチ。次の新機種に期待したいところ。

予算が許せばケンウッド

ケンウッドは、前方を撮影できるDRV-N530が2万2000円前後、後方を撮影できるDRV-R530が2万7000円前後で発売予定。

前方用 DRV-N530


後方用 DRV-R530

ケンウッドのこの2つの機種は、それぞれ独立して動作するので価格面では不利。

しかし画質面では、十分に期待できるので、予算があればケンウッドも検討してみる価値があります。

最初に前方だけ付けて、予算ができたら後方も取り付けるという考え方の人には良いかもしれません。

でも、両方を購入すると、5万円近くになるのと、取り付けてもらう場合、2つ同時につけるなら良いのですが、後から付けるのは面倒。料金面でもね・・・

セット品として、もう少し価格面でも頑張って欲しいところですが・・・

とはいえ、予算に余裕がある方は、ケンウッドからも選択肢ができたのは嬉しい。

人気で売り切れていて、でも早くドライブレコーダーを付けたい方は、こちらがオススメ>>DRV-325 ケンウッドのドライブレコーダー

その他の機種

今回は、激安・格安品は最初から除外しました。

困った女性

さすがに安いとおもちゃ感があり、故障の場合の対応や製品の寿命も心配になるので避けました。

前と後ろを同時に撮影するなら、最低でも2万円以上はするはず。ということで最初から、安いものは、検討しませんでした。

この手の商品は、事故を証明する重要な装置なので、ある程度の価格のものでないと、さすがに心配です。

外国製の安いドライブレコーダーは、いくらでも販売されていて、メーカー名や品名が変わっただけで、中身もほとんど同じなんてこともあるので、安いものは要注意。

機能も重要

それ以外にも、いくつかの必須機能があります。ドライブレコーダーの必要な機能は、こちらにまとめました。

参考 ドライブレコーダー【2017】に必要な機能

最低限、車の前後が同時に撮影できること。後方から衝突されたときの、明確な状況証拠になります。

衝突した前後は、しっかりと録画できる機種であること。動かない製品もあるようですよ。怖っ。意味ない。

ナンバーが読めるくらいの品質を備えていること。夜でも、ある程度の灯りで、ナンバーを撮影できないと、車を特定するのに時間がかかるので、警察が真剣に捜してくれない。

ナンバーさえ分かれば、どこの、誰の車かの特定は警察のパソコンで一瞬で分かります。

まとめ

イチオシ

テレビCMもされている、コムテック  ZDR-015を選びました。

いまだに有名メーカーでも、後方撮影の重要性を理解されていないので残念です。

私としては、自動車メーカーが、高品質な性能を備えて保証も車メーカーがしてくれるドライブレコーダーを期待します。

もちろん製造はケンウッドさんなどが委託される格好で良いのですが、自動車メーカーのお墨付きを得た、一定水準の商品を標準装備として取り付けるべきものだと思っています。

それと最近、心筋梗塞で意識を失う事例もあるので、車内の撮影もしてくれるようにして欲しい。

まあ、これは室内にドライブレコーダーを向ければ撮影できるのですが、さらに1台、追加する必要がでてきます。

だからこそ前車に搭載して、コストを下げて頂けると助かります。

あ、そうそう。設置は取り付け費用はかかりますが、イエローハットやオートバックスに任せた方が楽ですよ。

そこ自分でやって、いざと言うときに動かなかったら、意味ないですよ~。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする