困った!頭の回転が速い人の問題は根が深い3つの理由

「課長、どうして言ってくれなかったんですか!」

取引先からの受注増を、工場へ前もって話していなかった部下のA子は、工場長からのお怒りの電話を頂いたところだった。

上司の叱責

「先月の受注レポートを見れば、それくらい分かるだろう!」

「えーーーーそんなのわかりませんよ!」

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

頭の回転が速い人の3つの問題

頭の回転が速いと、仕事ができそうですよね。ところがそれは自分が1人でやっている時だけ。グループやチームで、一緒にやることになると途端にトラブルになることも。

  • 他人も理解したと思い込んでいる。
  • 話しが単刀直入過ぎる。
  • 人を見下す。

これらについて詳しくみていくことにしましょう。

他人も理解しているハズ

先ほどの売上レポートでいうと、先月、ある商品が前月比10%。それは季節商品でシーズンは2ヶ月後。

売上

つまり急な問題が発生しなければ、順調に来月はさらに受注が増えることが予想できます。

普通なら上司が部下に、そのことが分かったら指示して『工場に受注増に備える対応を準備しておく』ようにできたはず。

ところが上司は、その売上レポートを部下にも回覧しているので、「分かって当たり前」だと考えていたので、具体的に指示をしませんでした。

疑問を感じた女性

上司が悪いのか、それとも部下が悪いのか?

あなたは上司が悪いと思ったのではないでしょうか?

ところが、その上司は部下が悪いと思っています。なぜかというと、その上司が平社員だったころから、売上レポートを見て今後の受注状況を予測して、工場へ受注増の依頼をしていたのでした。

だから、その部下もできて当然だと。

確かにその上司は、それらの先を予測できる能力があり業績に貢献したので、社内でも最速で昇進したのですが、他の人もできるハズだと勘違いをしるのに気づいていません。

この感覚的なズレが、問題になります。

話しが単刀直入過ぎる

仕事ができる人、頭の回転が速い人はムダがありません。

余計な世間話もなく、すぐ仕事に入ります。自分が頭で考えたことも、すぐ口にします。

相手がどう思うかを考えず、自分のアイデアは正しく、採用すれば会社の利益になると信じているから、ズバッと言葉にします。

ところが他の人は、心の準備ができていなのでついていけません。

「課長、たしかにおっしゃる通りかもしれまえんが、もうちょっとコミュニケーションを・・・」

仮にこれが恋愛の相手で、プロポーズをされるシーンだったら最悪。

「あんたが必要です。結婚してください」と、いきなり言われても・・・

女性は、その前に雰囲気を作って欲しいと思っています。まずは夜、静かなレストランで食事をして・・・とか。

YouTubeのカズチャンネル/Kazu Channelのカズさんが、プロポーズを動画にされていて、450万人以上の方が見られていますが、このような演出も大切。

せめて前振りや、前段階の話しをして理解しやすくして欲しいものです。

それを割愛して、いきなり用件をいうのは日本ではあまり好まれません。それを理解して欲しいものですね。

では、なぜそんなことになるのか?

人を見下している

先ほど『他人も理解しているハズ』とは真逆で、自分は理解しているけど、周りは頭が悪いので理解できないと断定しています。

「こいつらみんなバカ」

そうやって人を見下して、アゴで部下を使う上司は最悪。難しくて理解できないことが、どういうことなのかを理解できないのです。

もちろん全知全能ではないので「アインシュタインの相対性理論を解説して?」と言っても、解説できる人は希でしょう。

自分の周りに自分よりも頭の回転が速い人がいないと、性格的に人を見下す人もでてきます。

頭の回転が速い人への対処

これまで3つの問題について紹介してきましたが、いずれも自分が無意識に他人の気分を悪くしているので根が深い。

しかも理論ではまず勝てない。

超優秀な上司であれば、私だったら腰を低く低くします。

「申し訳ございません。○○課長の話が難し過ぎて、馬鹿な私には理解できません。もう少し補足していただけませんか?」

「勉強不足で申し訳ございません。売上レポートのどこを見て受注増が見込めるのか、いまひとつ理解出来ませんでしたので、ご教授お願いできないでしょうか」。

など、相手のプライドを傷付けず(自分のプライドなんてボロボロでも関係ありません)、仕事のトラブルを無くし、円滑に業務が遂行できるのが大切ですから。

もし仕事関係じゃなかったら、敬って遠ざけるのが良さそう。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする