初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

釣果

最初は釣り道具屋さんでファミリーセット(投げ釣りセット)から始める方が多いですね。

少し慣れてくると、釣果アップのために竿やリール、糸(ライン)を交換するようになります。

でも種類がたくさんありすぎて迷ってしまいます。そこで初心者さんの道具選びや、釣果アップのコツなどを釣りガイドとしてまとめました。

プロ級の人は参考になりません。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

初心者におすすめな釣り道具

高くて良い物は当たり前ですが、高価なものは手が出せなかったので、お値うちで性能面もそこそこのものを探しました。

初心者向けに、私がこれまで実際に使ったものや評判が良いお手軽なものを選びました。「自分だったらこれを使う!」という視点でまとめています。

糸選びに迷ったら

どのラインが良い?

糸は主に3種類(ナイロン・PEライン・フロロカーボン)が一般的です。

どれを使えば良いのか迷ったら、こちらの一覧表を参考に選びましょう。


ナイロンに決めたら

初心者の方はナイロンから始めると、トラブルを減らせるのでおすすすめ。適度に伸びて魚をばらしにくい。安価に入手できるので、お財布にもやさしい。


PEラインを使うなら

hardcore-x4

引っ張り強度が強いので、糸をかなり細くできます。そのメリットで、軽いオモリ・ルアーで遠くまで飛ばすことができます。


フロロカーボンならこれ

シーガーフロロカーボンライン

石にちょっとひっかけたくらいでは切れにくいので、PEとつないでセットで使われることが多い。

飛距離アップをしたい初心者の方へ

ルアーを例にしていますが、エサづりや投げ釣りでも同じこと。

飛ばない理由が分かると、一気に飛距離アップもできます!詳しくは下記をご覧ください。

困ったときの対処法

釣りをしていると、様々なトラブルもでてきます。そのとき、ちょっとした工夫で解決できることもあります。

例えば投げ釣りで、糸が切れてしまうトラブル。そんな時はこれを読むと防げます。

ボート釣りでも(ワカサギなど)魚が釣れないとき。

釣れないとき、釣れるときなど原因を探る1つの方法として、水温計で計って記録すると面白い。

いつもは釣れている場所で釣れない、急に釣れなくなったとき、こちらの記事を参考にしてください。

管理釣り場でニジマスが釣れなくなった。そんなときはこちら。

家族で釣りに行ったとき、車や船酔いにならない為の方法について。

屋外で釣りをしていると、虫さされに悩むことも。そんなときに読んで欲しい。

防寒対策は欠かせない!これで一年中、釣りが頼める!

ロッド(竿)

ロッド(竿)は、スピニングリール用と、ベイトリール用のものがあります。

さらにルアーの重さや、対象魚によっても専用のロッドが販売されています。しかも高い。

そこでできるだけお値段を抑えつつ、ある程度の機能だけは確保したい。

そんなときは、こちらを参考に。

参考 ロッド(竿)の硬さと長さを型番から知る方法とは?アルファベットに注目したら分かるよ

リール

リールはいくつかの形状がありますが、主にこの2種類が多く使われています。

でもリールは、同一メーカーでもたくさんの機種が売られていて、正直どれか迷います。

魚釣りを始めたい方で、あまりお財布に負担をかけずに、お値うちなリールをまとめています。

リールを買ったときに、糸を交換したくなります。そんなとき、糸のトラブルを防ぐための巻き方があります。

エサについて

エサはあまり釣れないと余ってしまうことも。また真夏はすぐにイソメ(ゴカイ)が弱ってしまいます。そんなときに役立つ保存方法を紹介しています。

アサリなどにも使える方法なので、知っておくといざというときに助かります。

釣れないときに行くべき釣りポイント

安いロッド(竿)とリールでも、十分に釣りになるポイントがあります。これさえ知っていれば、魚影の濃い場所を探しだすことができます。

番外編

釣りのQ&A

どうして早朝と夕方は、良く魚が釣れるのかご存知ですか?そんな疑問を調べてまとめました。

釣りの写真や動画で、釣れるポイント(釣り場)を教えると、激しく叱られる件について、私なりに考えてみました。良いアイデアがあれば、ぜひご自身のメディアで紹介してください。

釣りって損だよね~と言われてむかついた方へ。

【簡単】手作りシリーズ

噂の爆釣した仕掛けが、ダイソーの商品で作れる。詳細は下記まで。

お手軽な仕掛け

お値段以上に良質だと評判のダイソーの釣り具。その中でもサビキは群を抜く釣果を体感しています。詳しくは下記まで。

参考 サビキ釣りで釣果がないときの一工夫、あのアイテムを使うと便利!

オモリについて

釣りで使うオモリについてまとめています。

のべ竿で良く使うガン玉ですが、自作のジグヘッドでも活用するので、重さを知っておくと、オリジナルのジグヘッドが作れるので参考にしてください。

あると便利なアイテム

魚が釣れたときにつかむアイテムの中から、人気な商品を見つけたので紹介しています。

冬の防寒対策にこれが良かったですよ。

手首を温めるサポーター【巻きポカ】は効果が高かったよ!

魚の料理

魚釣りはバス(シーバス)などはゲームとなっていて、リリースしてしまいますが釣ったら食べると美味しい。

今後、追記していきます。

釣りへの想い

正直、釣りのお金を大量につぎ込むほど裕福ではありません。でも釣りの楽しみを知ってしまったので、何とか工夫して釣りを楽しみたい。

そんな想いから、安くて少しでも良い物を使いたい。そして長く釣りを趣味としてやっていきたい。

そこで安物と言われる、ワゴンセールで転がっているようなリールを使ってきました。サビキ釣りやちょいなげなら十分に使えます。

そんな私にとって、ダイワさんのエントリーモデルとしてゴミ扱いされているようなリールでさえ、高級機種に見えていました^^;

daiwaのスプリンターも熱狂的なdaiwaファンからは評価の低いリールでしたが、私はすごく使いやすいと感じました。

つまり評価基準が違うと、リールの評価は変わります。

5万も10万円もするリールをいつも使っている人からみれば、数千円で買えるリール、しかも3000円以下なんて、ゴミに見えるかも。

この低価格クラスのリールを使って釣りを工夫して楽しむことで、さらにレベルアップしたいと思ったとき、上級機種に手を出せるようになるでしょう。

そのとき、daiwaさんやシマノさんのリールへの物作りへの想いを、より強く感じられるようになるでしょう。

安いリール → 1~2万円モデル → 5万、10万モデル

まずはお手軽な低価格モデルで、釣りへの敷居を下げて生きた魚を釣る楽しみを味わってもらえるように、製造されているんだと。

このご時世、苦労されて低価格モデルを製造されているでしょう。海外で生産したとしても、設計や製造の指導など、トップクラスのメーカーとして、その価格帯の中でより良い物を作るように努力されてと確信しています。

私の釣りの楽しさを教えてくれた父が使っていたのが、daiwaのスプリンターST-1000。

それをもらって使ってコイやフナ、オイカワを釣っていましたが、昭和時代のリールで壊れてしまいました。これがダイワさんとの初めての出会いです。

我が家は、みんなファミリーで釣りをして楽しむようになりました。それを教えてくれたのは、今は亡き父です。

私にとって釣りは、大切で楽しい想い出づくりの1つ。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする